診療案内|薩摩川内市で眼科医院をお探しの方は有村眼科まで

診療時間 日祝
8:30~12:30
15:00~18:00

:水曜・土曜は8:30~14:00
休診日:日曜・祝日

〒895-0061
鹿児島県薩摩川内市御陵下町20-29

  • 地図

地域の皆さんの目を守るために

有村眼科は、院長自身が「生まれ育った地元で地域医療に貢献したい」という思いから、薩摩川内市に開院いたしました。
丁寧にわかりやすい説明を心がけるとともに、大学病院などで培ってきた治療経験を活かし、
日々の眼科診療や日帰り手術などに取り組んでおります。
地域のホームドクターとして、目について気がかりなことがあったりお困りの際はもちろん、
予防のための定期検診にもお気軽にご来院ください。

当院で行っている診療

一般眼科

薩摩川内市・有村眼科
目に痛み、かゆみ、違和感がある
目が充血している
目が乾燥する など

目は、生活に欠かせない大切なパーツです。近年では目を酷使する人が多く、気づいたときには重症化していることも少なくありません。目に違和感を覚えたり、痛みや乾きを感じることがあれば、早めにご来院ください。

白内障日帰り手術対応

薩摩川内市・有村眼科
かすんで見える
光がまぶしい
色の違いがわかりにくい など

目の中で外部からの光を集めてピントを調節するレンズのような働きをしている部分を、水晶体といいます。白内障になると、この水晶体が白く濁って視力も低下してしまいます。原因はいくつかありますが、年齢を重ねるにつれて起こりやすくなる症状です。
初期の段階は点眼治療で進行を抑えることができ、進行している場合は手術で視力の回復をめざしていきます。当院ではすぐに普段の生活にお戻りいただけるように、日帰り手術にも対応しております。
治療には単焦点眼内レンズと、遠方と近方の両方に焦点があると言うすぐれた特徴を持つ多焦点眼内レンズもご用意して水晶体の再建治療を行います。
患者さんが普段の生活の中でどういったことにお困りかをお聞きし、ベストな治療方法をご提示できるようにいたします。その他にも、入院をご希望の患者さんは近隣施設と連携し、対応いたします。気兼ねなくご相談ください。
※全ての患者様に適応になるわけではありません。

網膜硝子体日帰り手術対応

薩摩川内市・有村眼科
目に黒い点や虫のようなものが見える
目の前が歪む、濁って見える
視野の中心が暗い、欠けて見える

硝子体(しょうしたい)は眼球の中身の大部分を占めており、透明なゼリー状をした組織です。
硝子体が出血したり濁りがあると、視野や視力に影響します。実際よりも暗く見える、ゆがんで見える、小さな点が常に見える、視力が落ちるなどのトラブルにつながるのです。
加齢による変化で心配ない場合もありますが、網膜剥離や黄斑前膜など、手術が必要な病気のこともあります。 少しでも違和感を感じたら放置せず、ぜひお早めにご相談ください。

緑内障

薩摩川内市・有村眼科
視野が狭くなった
かすんで見える
視力が低下してきた など

目の情報を脳に伝える視神経が傷んで、視野が狭くなる病気を緑内障といいます。
40歳以上に多い病気で、悪化するまで自覚症状がほとんどないために、定期的な検診を受けることが早期発見に重要です。眼圧を下げる目薬で進行を遅らせることができます。

小児眼科

薩摩川内市・有村眼科
子どもの目つきが気になる
検診で視力低下を指摘された

視力低下や目つきの違和感など、お子さんの目のトラブルに気づいたらお早めにご相談ください。早めに対処することで改善する場合があります。
診療は女性医師である副院長が中心となって行っていきます。
当院では、弱視を改善するための眼鏡処方やタブレットを用いた新しい訓練法などを取り入れ、お子さんお一人お一人に合った治療方針をご提案いたします。また、将来の様々な目の疾患のリスク軽減のため、近視進行抑制にも力を入れて取り組んでおります。遺伝だからとあきらめてしまっている方々もぜひ一度相談してみてください。

黄斑外来

薩摩川内市・有村眼科
物が歪んで見える
視野の中心が暗い
視野が欠けて見える など

加齢黄斑変性、黄斑浮腫など黄斑の病気にも対応しています。
加齢黄斑変性は、加齢によって網膜の中心部にある「黄斑」が委縮したり新生血管が広がって起こる病気です。
視野の中心が暗い、視野の中心がゆがんで見える、といった症状が代表的で、60代以降に増え、女性よりも男性に多く見られます。
また黄斑浮腫は、糖尿病網膜症や網膜静脈閉塞症、ぶどう膜炎などの病気によって黄斑がむくみ、視力低下などを起こす病気です。
加齢黄斑変性、黄斑浮腫による失明を防ぐためには、早期発見が重要です。とくに糖尿病など持病をお持ちの方はお早めにご来院ください。

ドライアイ

薩摩川内市・有村眼科
目が乾燥する
目が疲れやすい
目がゴロゴロする

ドライアイは、さまざまな要因により涙の安定性が低下する病気で、目の異物感や疲れなどの不快感を引き起こします。ドライアイと診断される方は増加傾向で、パソコンやスマホの使用機会が増えていることも一因です。適切な目薬を使うことで、症状の軽減が期待できますので、お気軽にご相談ください。

花粉症

薩摩川内市・有村眼科
季節性アレルギー
スギ花粉
ブタクサ花粉 など

花粉症とは、スギ、ヒノキ、ブタクサなど植物の花粉によって引き起こされるアレルギー症状の一種です。目に症状が現れる方は、目のかゆみ、充血、涙が出る、まぶたが腫れるなどの症状が出ます。
花粉を体内に入れないことが最も大切ですが、花粉が飛びはじめる2~3週間前に対処することで症状を軽減できる場合もありますので、毎年お悩みの方は一度ご相談ください。

アレルギー外来

薩摩川内市・有村眼科
アレルギー検査
アレルギー性結膜炎

アレルギーの原因となる物質「アレルゲン」は、花粉以外にもダニ、ほこり、動物の毛、薬品などさまざまです。当院はまずアレルギー検査を行い、アレルゲンを特定して治療法をご提案します。検査は主要8項目に関して、指先からの少量の採血により20分で結果がわかるアレルギー検査が可能です。小さなお子さんでも簡単に検査ができます。
春季カタルなどアレルギー性結膜炎は、点眼薬や内服薬でアレルギー症状を抑えます。それでも改善が見られない場合には、外科的な治療を行うこともあります。

コンタクトレンズ処方

薩摩川内市・有村眼科
新しくコンタクトレンズを作りたい
使っているコンタクトレンズが合わない
眼鏡からコンタクトレンズに変えたい など

コンタクトレンズは眼球を覆って装着するため、目に合わないものや不衛生な状態のものを使うと、眼病などのトラブルや視力の低下を引き起こすことがあります。
コンタクトレンズが欲しいと思ったら、まずは目のカーブなどの状態と視力を確認して、お一人お一人に合うものを提案してもらいましょう。ご購入後も、見え方や目の状態のチェックのために、数カ月ごとの定期検査をおすすめしております。
また、遠近両用コンタクトレンズも取り扱っており、実際にレンズを入れて見え方を確認していただいてから処方しております。

ページトップへ